ハローワークはどこでも利用できるんですか?【管轄について】

転職活動 豆知識

ハローワーク【正式名称 公共職業安定所】は日本全国いたるところにあります。

しかし『管轄』があるため、手続きによっては指定のハローワークに行かなければなりません。

 

動画解説と質問について

もし、失業保険を一度も受け取ったことがない方は、『専門用語なし』『5分』でわかりやすく解説した動画を作りましたので良かったらご覧ください!!

失業保険の質問は、Youtube動画へコメントしていただければ、可能な限り回答します!

Youtubeチャンネルへのリンク:おしごとーり

ハローワークの管轄について

ハローワークの管轄の調べ方は

『ハローワーク、○○県、管轄』とGoogleで検索するとわかります。

自宅の住所を管轄するハローワークでできる手続き

自宅の住所を管轄するハローワークでできる手続き

・失業保険の申請
・教育訓練給付金の申請
職業訓練の相談

会社の所在地を管轄するハローワークでできる手続き

こちらは、本人ではなく会社が行う手続きです。

会社の所在地を管轄するハローワークでの手続き【事業所の手続き】

・雇用保険の加入・喪失の手続き
・離職票の作成
・育児休業給付金等の申請
・各種助成金の申請
・求人の依頼

日本全国どこのハローワークでもOK

日本全国どこのハローワークでもOK

・職業相談、紹介
・履歴書、職務経歴書の添削
・各種就職活動に役立つセミナー

手続きのまとめ

職業相談の手続きは

失業保険の手続きは

教育訓練給付金の手続きは

職業訓練の手続きは

☆☆【必見】今すぐ求職活動実績を作る方法☆☆

求職活動実績を今すぐ作る方法は、
リクナビNEXTに登録して、良さそうな求人に応募』という方法です。

これだけでOKです。

リクナビNEXTの登録や応募などの利用料は全て無料です。

リクナビNEXTは転職エージェントではないので、担当者等がついたりせず、
自分で好きな会社に応募
できます。

そして、転職した人の約8割がリクナビNEXTを利用していて、毎週2.6万人以上の人が新規登録しています。

ちなみに、1回求人に応募すると、求職活動実績2回分となります。
(失業認定には求職活動実績が2回分必要。なので、要は1回応募でOKというコトです。)

公式サイト:リクナビNEXT

リクナビNEXTの詳しい登録方法は『【2021年版】リクナビNEXTの登録方法【5分で登録】《求人数最大級》』の記事をご覧ください。

 
タイトルとURLをコピーしました