【失業保険】定年退職後の受給期間延長申請

失業保険

定年で退職した場合、失業保険の受け取りを最大1年間延期できます。

病気やケガで延長申請する場合は、『【失業保険】受給期間の延長申請には診断書が必要?』をご覧ください。

定年退職後、ちょっと休んでから仕事探しをしたい場合、
『受給期間延長申請』をすることができます。

受給期間の延長とは、もらえる給付日数が伸びるとかではなく、

あくまで、失業保険をもらえる期限を延期するという事です。

※失業保険には受給期間というものがあり、期限は離職日の翌日から1年間となっています。
詳しくは『【失業保険】受給期間満了年月日とは』をご覧ください。

 

動画解説と質問について

失業保険制度について動画で解説しています。

失業保険全般の質問は、Youtube動画へコメントしていただければ、可能な限り回答します!

失業保険全般の質問でしたら、動画の内容に限らず何でも質問していただいてOKです!

Youtubeチャンネルへのリンク:おしごとーり

定年退職後の受給期間延長の対象者

対象者

・60歳以上の定年に達したこと

・60歳以上の定年に達したのち、勤務延長又は再雇用の期限が到来したこと

おしごとーり
おしごとーり

『60歳以上の定年』以外の理由では延長できません。

定年まで頑張った方への、配慮なんでしょうか・・・

30代で頑張りすぎて燃え尽きて退職して、休みたいというのはだめなのですね。

定年退職後の受給期間延長の申請期限

申請期限

離職日の翌日から2か月以内にハローワーク窓口にて申請

定年退職後の受給期間延長の必要書類

必要書類

・離職票
・受給期間延長申請書(ハローワークにあります)

おしごとーり
おしごとーり

離職票だけOKです。ですが、離職票の内容が『定年(2E)』になっていない場合は窓口でもめる可能性があります・・・・。
離職理由のコードについては『ハローワークの離職理由コード(離職票、雇用保険受給資格者証)』をご覧ください。

定年退職後の受給期間延長申請の効果

延長の効果

最大1年間まで延長できる。

延長の期間は任意です。

ですので、ハローワークの窓口では最大の1年で申請して、半年たって『よし、仕事探ししよう!』というのも可能です。

補足

仕事探しの意思

失業保険は『就職するという意思・能力があり、仕事探しをしているのに仕事がみつからない』という状態になって初めて受給できます。

つまり、『定年後だし、ちょっとゆっくり仕事探ししようかな』っていう方は受給期間の延長申請する必要がないので、普通に失業保険の手続きをした方がよいです。

『延長申請をした=仕事探しはその期間しない』
ということに注意してください。

おしごとーり
おしごとーり

たまに延長期間中に、知人のつてとかで仕事を見つけちゃう人がいて、
そんな人は失業保険の手続きをしてないわけだから、再就職手当とかもらえないんです。もったいない。

おしごとーり
おしごとーり

結論として、
定年後の延長申請は、明確に仕事探しをしないという方以外はオススメしません。
(海外に数か月放浪するとか・・・)

実際のところ、窓口で申請する人は結構レアでしたね。

その他の失業保険の手続きについて

その他の失業保険の手続きについては『失業保険の全手続きのまとめ【金額は?計算方法は?いつからもらえる?会社都合?】』をご覧ください

 
タイトルとURLをコピーしました