短期訓練受講費の対象講座と手続きについて(一般教育訓練給付金との違い)

失業保険

雇用保険を受給中の方で、『大型特殊免許、フォークリフト運転技能講習、介護職員初任者研修』等の1か月未満で取得できる公的な資格を取得しようとする場合、
短期訓練受講費
というものが申請できます。

支払った経費の2割(上限10万円)が支給される制度です。

なお、一般教育訓練給付金との違いは、

一般教育訓練給付金は、雇用保険が受給中かどうかは問われない、比較的長期の訓練が多い、公的な資格でなくても良いためいろんな講座がある等々の違いがあります。

おしごとーり
おしごとーり

この制度はかなり利用者が少ないと思います。たぶん利用者の大多数の方がフォークリフトの技能講習なのでは・・・・・。

 

動画解説と質問について

失業保険制度について動画で解説しています。

失業保険全般の質問は、Youtube動画へコメントしていただければ、可能な限り回答します!

失業保険全般の質問でしたら、動画の内容に限らず何でも質問していただいてOKです!

Youtubeチャンネルへのリンク:おしごとーり

短期訓練受講費の支給対象と金額

短期訓練受講費の支給対象者は

  • 教育訓練を受講する前にハローワークで相談すること。
  • 訓練を開始する日、雇用保険等を受給していること
  • 訓練を開始する日、雇用保険の待期期間がすでに終了していること。

払った金額の20%が給付されます。ただし、どんな高額を支払ったとしても上限は10万円までしか給付されません。

雇用保険等を受給していることの条件は、雇用保険の手続きをしていて、

  • 基本手当の受給資格者の場合
    • 受給資格決定日から、最後の認定日(支給終了日)または受給期間満了日のどちらか早い日まで
  • 高年齢受給資格者の場合
    • 離職日の翌日から1年間
  • 特例受給資格者の場合
    • 離職日の翌日から6か月間

となっています。

短期訓練受講費の対象教育訓練

短期訓練受講費の対象教育訓練講座は

  • 一般教育訓練給付の対象講座を実施している教育訓練実施者がその短期訓練を実施していること
  • 公的職業資格の取得を目標とする1か月未満の教育訓練であること。
  • その短期訓練が一般教育訓練給付金の対象講座でないこと(※)。
  • 教育訓練の開始時期、内容、対象者、目標及び終了基準が明確であり、教育訓練の実施者がその訓練について、適切に受講されたことを確認し、修了させるものであること。

※ただし、一般教育訓練給付の講座指定を受けている訓練を受講する場合であっても、受講開始日において一定の雇用保険の被保険期間等がない等の理由で、一般教育訓練給付の受給ができない方は、 「短期訓練受講費」の支給対象となります。

 

というような条件があります。

具体的には、『大型特殊免許、フォークリフト運転技能講習、介護職員初任者研修等々』の1か月未満で公的な資格が取得できる教育訓練です。

し気になる資格がある場合は、教習所等に直接問い合わせるのが一番早いと思われます。

(ハローワークによってはお近くの施設を案内してくれるかもしれません)

おしごとーり
おしごとーり

ただ、通常『大型特殊免許、フォークリフト運転技能講習、介護職員初任者研修等々』の訓練は、すでに一般教育訓練給付に指定されていることが多いです。

おしごとーり
おしごとーり

つまりこの制度は、失業保険をもらっていて、一般教育訓練給付は利用できないけどスキルアップしたいという方向けの制度という事です。

一般教育訓練給付金が利用できない場合

一般教育訓練給付金は、一度利用した場合、再度3年間の雇用保険の加入期間(被保険者期間という)が必要です。

一般教育訓練給付金については『【在職者もOK】一般教育訓練給付金について』をご覧ください。

短期訓練受講費の実際の手続き

短期訓練受講費の実際の手続きは

  1. ハローワークから『短期訓練受講費支給要件照会票』をもらい、その書類を訓練施設に持っていき証明をしてもらう。
  2. その証明してもらった『短期訓練受講費支給要件照会票』をハローワークに提出し、「短期訓練受講費支給要件回答書」をもらう。
  3. ハローワークの職業相談窓口に「短期訓練受講費支給要件回答書」を提出し、職業指導を受ける。問題なければ「短期訓練受講指導書」を交付してもらう。
  4. 訓練を受講する
  5. 訓練終了後の翌日から一か月以内に必要書類をハローワークに提出する。
  6. 一週間後に給付される(上限10万円)。

おしごとーり
おしごとーり

・・・というように結構面倒な手続きとなっています。途中で職業相談が入りますので、

「IT企業に就職したいけど、フォークリフトの免許取るぜ!!!」というのはダメということです。ハロワ職員に総ツッコミを受けることでしょう・・・・。

短期訓練受講費のまとめ

途中でも述べましたが、短期の訓練であっても一般教育訓練給付金に指定されているのがほとんどですので、利用できるものは少ないと思われます。

一般教育訓練給付金は利用できないけど、フォークリフト等の短期間で取得できる教習所系の資格を考えている方は、ハローワークに相談してみると良いかもしれません。

その他の失業保険の手続きについて

その他の失業保険の手続きについては『失業保険の全手続きのまとめ【金額は?計算方法は?いつからもらえる?会社都合?】』をご覧ください。

☆☆【必見】今すぐ求職活動実績を作る方法☆☆

求職活動実績を今すぐ作る方法は、
リクナビNEXTに登録して、良さそうな求人に応募』という方法です。

これだけでOKです。

リクナビNEXTの登録や応募などの利用料は全て無料です。

リクナビNEXTは転職エージェントではないので、担当者等がついたりせず、
自分で好きな会社に応募
できます。

そして、転職した人の約8割がリクナビNEXTを利用していて、毎週2.6万人以上の人が新規登録しています。

ちなみに、1回求人に応募すると、求職活動実績2回分となります。
(失業認定には求職活動実績が2回分必要。なので、要は1回応募でOKというコトです。)

公式サイト:リクナビNEXT

リクナビNEXTの詳しい登録方法は『【2021年版】リクナビNEXTの登録方法【5分で登録】《求人数最大級》』の記事をご覧ください。

 
タイトルとURLをコピーしました