【ハローワーク】高年齢求職者給付金【求職活動が必要です】

失業保険

失業保険は『65歳未満で退職した場合』と『65歳以上で退職した場合』で制度が大きく異なります。

65歳以上で退職した場合』の失業保険を高年齢求職者給付金といいます。

高年齢求職者給付金は、50日分の失業保険を一括してもらうという制度です。

そして、給付をもらうには認定日の前日までに、求職活動実績が必要です。

求職活動をしないというのは絶対にだめです。

今すぐ、求職活動実績を作るには、『リクナビNEXT』に登録して応募すればOKです。

\最短5分で登録/

リクナビNEXTの詳しい登録方法は『【2021年版】リクナビNEXTの登録方法【5分で登録】《求人数最大級》』の記事をご覧ください。

おしごとーり
おしごとーり

ちなみに通常の失業保険をもらうには、65歳の前々日に退職する必要があります。

民法の附属法の『年齢計算ニ関スル法律』という法律があり、
誕生日の前日に歳をとると決まっているからです。

 

ハローワークでの手続き

手続きは『会社都合・契約満了の退職』と『自己都合退職』の2パターンあります。

手続きの流れ(会社都合、契約満了の場合)

会社都合や契約満了の退職の場合はおおむね、1か月くらいで高年齢求職者給付金がもらえます。

手続きの流れ(会社都合、契約満了)
  • 退職
    退職

  • ハロワ初回
    求職登録(失業保険の手続き)
  • ハロワ2回目
    失業の認定日

  • 一週間後
    失業保険50日(または30日分)の振込

手続きの流れ(自己都合の場合)

自己都合退職の場合は、だいたい2~3か月後くらいに高年齢求職者給付金がもらえます(ハロワによって異なります)。

手続きの流れ(自己都合)
  • 退職
    退職

  • ハロワ初回
    求職登録(失業保険の手続き)
  • ハロワ2回目
    失業の認定日(給付制限の設定)

  • ハロワ3回目
    失業の認定日

  • 一週間後
    失業保険50日(または30日)分の振込

手続きに必要なもの

手続きに必要なものは、

手続きに必要なもの

・離職票1、離職票2
・マイナンバーカード(またはマイナンバー通知カードと身分証明書)
・預金通帳
・写真2枚(縦3cm横2.4cm)

受給資格

受給資格については、

受給資格

・離職日の日以前1年間に6か月以上の雇用保険の加入が必要です※

※11日以上または80時間以上勤務した月を1か月とカウントします。

受給できる金額

受給日数

受給日数できる日数は、

日数

・1年未満の雇用保険加入期間 30日分の一時金

・1年以上の雇用保険加入期間 50日分の一時金

金額

金額については『失業保険の受給資格ともらえる金額【直近6ヶ月の賃金で計算します】』のページをご覧ください。

30歳未満の表が適用されます。

年金との併給について

高年齢求職者給付金は年金と併給できます

確定申告について

失業保険には税金がかかりません

確定申告での申告は不要です。

失業の認定(求職活動が必要)

高年齢求職者給付金の受給対象者

失業保険はどんな方でも、もらうことができるわけではありません。

失業保険をもらう条件

・就職する意思・就労できる能力があり、積極的に就職活動をしているが仕事が見つからないという状態。

ということで、仕事探しをする必要があります。
どんな仕事でも良いわけではなく、週20時間以上の仕事を探す必要があります。

また、手続き後から、『認定日の前日』までの間に求職活動実績が必要です。

求職活動実績(求職活動しないのはダメ!)

求職活動実績として認められるものは、

ハローワークでの求職活動実績

・窓口で相談
・窓口で職業紹介を受ける
・セミナーを受ける。

その他

・ネット・求人広告・新聞等の求人に応募する。

いや、もう引退するから就職活動したくないんだけど

おしごとーり
おしごとーり

それでも、失業保険は仕事探しをしてもらえる保険なので、求職活動は必須なんです。

おしごとーり
おしごとーり

ということで、冒頭にも書きましたが、実績作りの一番簡単な方法は、『リクナビNEXTに登録して応募』です。無料ですし5分で登録できます。

公式サイト:リクナビNEXT

リクナビNEXTの詳しい登録方法は『【2021年版】リクナビNEXTの登録方法【5分で登録】《求人数最大級》』の記事をご覧ください。

補足

いつから65歳以上の扱いになるのか?

誕生日の前日から65歳の扱いとなり、高年齢求職者給付金の対象になります。

通常の失業保険をもらうには、65歳の前々日に退職する必要があります。

手続き後すぐ就職が決まった場合

手続き後に7日間の待期期間がカウントできないと、高年齢求職者給付金をもらうことはできません。

手続き後から認定日までの間にアルバイトをした場合

認定日までの間に、7日間の待期期間がカウントできれば、高年齢求職者給付金をもらうことができます。

ただし、そのアルバイトが週20時間以上の場合、就職扱いとなります。

7日間の待期期間をカウントする前に就職してしまうと、高年齢求職者給付金がもらえなくなります。

こちらについては『失業保険の待期期間にバイトをすると?』をご覧ください。

給付後に就職した場合

高年齢求職者給付金の受給後に、就職しても特に問題はありません。
ハローワークへ申告する必要もないです。

なお、週20時間以上の再就職先であれば、再び雇用保険に加入できます。

おしごとーり
おしごとーり

以前は、65歳以上の方は雇用保険に再加入できませんでしたが、

平成29年1月1日以降は、再度加入できるように法律が変わりました。

同じ会社に再就職した場合

同じ会社に再就職した場合でも、再び雇用保険に加入することができます。

\無料で登録・応募/
タイトルとURLをコピーしました