求職者支援資金融資制度について

求職者支援訓練

求職者支援訓練に通い、月10万円の職業訓練受講給付金をもらっているけれども生活費が不足する場合求職者支援資金融資という制度を利用できます。

月額10万円(上限)又は月額5万円(上限)の融資を労働金庫から受けられます。

おしごとーり
おしごとーり

求職者支援資金融資はあくまで『貸付』なので返済する必要があります。

低金利で、保証人がいらないので、生活に困っている人にはとてもありがたい制度です。

 

求職者支援資金融資制度の対象者

求職者支援資金融資制度の対象者は、

  • 職業訓練受講給付金の支給決定を受けた方。
  • ハローワークで、求職者支援資金融資要件確認書の交付を受けた方。
  • (確認書の交付要件)
    • 貸付を希望する理由が適当と認められる。
    • 貸し付け金を返済する意思がある
    • 暴力団員ではない

求職者支援資金融資制度の貸付額

求職者支援資金融資制度の貸付額は、

  • 同居または生計を一にする別居の配偶者、子または父母のいずれかがいる場合
    • 月額10万円(上限) × 受講予定訓練月数(最大12)
  • 上記以外の場合(単身者など)
    • 月額5万円(上限) × 受講予定訓練月数(最大12)
おしごとーり
おしごとーり

貸付額は上限なので、1万円単位で不足額のみ借りられます。

求職者支援資金融資制度の担保人・保証人

求職者支援資金融資制度は、担保人・保証人は不要です。

求職者支援資金融資制度の金利

求職者支援資金融資制度の金利は、年3%(信用保証料0.5%を含む)

求職者支援資金融資制度の返済期間

求職者支援資金融資制度の返済期間は、

訓練終了の三か月後の末日までは利息のみ支払いです。4か月後の末日以降から元利均等毎月返済(※)です。

本人の労働金庫の口座からの自動引き落としになります。

※元利均等返済とは、毎月の各返済日(末日)に一定の返済額(元金と利息の合計)返済する方式です。

求職者支援資金融資制度の注意点

おしごとーり
おしごとーり

求職者支援資金融資制度は貸し付けなので、労働金庫の審査によっては借りられないこともあります。

☆☆【必見】今すぐ求職活動実績を作る方法☆☆

求職活動実績を今すぐ作る方法は、
リクナビNEXTに登録して、良さそうな求人に応募』という方法です。

これだけでOKです。

リクナビNEXTの登録や応募などの利用料は全て無料です。

リクナビNEXTは転職エージェントではないので、担当者等がついたりせず、
自分で好きな会社に応募
できます。

そして、転職した人の約8割がリクナビNEXTを利用していて、毎週2.6万人以上の人が新規登録しています。

ちなみに、1回求人に応募すると、求職活動実績2回分となります。
(失業認定には求職活動実績が2回分必要。なので、要は1回応募でOKというコトです。)

公式サイト:リクナビNEXT

リクナビNEXTの詳しい登録方法は『【2021年版】リクナビNEXTの登録方法【5分で登録】《求人数最大級》』の記事をご覧ください。

 
タイトルとURLをコピーしました