【転職】無料で受講できるおすすめプログラミングスクール

副業・プログラミング等

プログラミングスクールは、安いところは20万、高いところでは100万くらいかかります。

しかし、世の中には無料でも受講できるプログラミングスクールが存在しています(20代限定)。

正直、スクールの内容については、ネットで調べても、口コミを見ても時間の無駄です。

何が良いかの自分の軸を作らずに、ネット記事を見ると、文章のうまさ、口コミ等に騙されてしまいます

『百聞は一見に如かず』で、まずは自分の軸を作るために無料カウンセリングを受けて、その後に比較検討した方が無駄がありません。

30代以上の方は、『【専門実践教育訓練】給付金が利用できるプログラミングスクール《転職》』の記事をご覧ください。

無料のプログラミングスクール一覧

ネットビジョンアカデミー

ネットビジョンアカデミー

対象者:18歳以上30歳まで
職種 :ITインフラエンジニア(ネットワークエンジニア)
期間 :1か月
地域 :東京
オンライン:あり

特徴1 無料でネットワークエンジニアの必須資格であるCCNAの勉強ができる

特徴2 CCNAの資格取得率90%以上、就職率98%

特徴3 地方在住の方には、シェアハウスの支援あり

プログラミングがメインではありませんが、転職需要の高いネットワークエンジニアになれます。

正直、世間はプログラミングスクールブームですので、プログラミングの勉強では差別化が図れず就職に苦労します

ネットワークエンジニアスキルを身につける方が、IT業界に就職できます。

前職が薄給で、とにかくIT業界で給与額をアップさせたい方はこちら一択です。

無料でITスキルを習得/

0円スクール

0円スクール

対象者:18歳以上35歳以下
職種 :プログラマー(Java言語)
期間 :3か月
地域 :札幌、仙台、東京、名古屋、大阪、福岡

特徴1 全国各地にあるスクールで学ぶ。オンラインに抵抗がある方におすすめ。

特徴2 現場を想定した実践的なカリキュラム

特徴3 個別指導により、未経験者でも自分のペースで学べる

公式サイト:0円スクール

GEEK JOB

GEEK JOB

対象者:20代まで(東京・神奈川・埼玉・千葉)
職種:ITエンジニア
期間 :3か月
講習場所:完全オンライン
オンライン:完全オンライン

特徴1 全てオンラインのため仕事に就いていても受講できる

特徴2 受講者のほとんどがプログラム未経験者。転職成功率約98%

特徴3 ITエンジニアに早期転職できるように支援

公式サイト:GEEK JOBキャンプ_スピード転職コース

プログラマカレッジ(ProgrammerCollege)

プログラマカレッジ

対象者:プログラマ:27歳までの大卒で正社員経験1年以上ある方(東京・神奈川・埼玉・千葉)。
インフラエンジニア:30歳までで職歴が1年以上ある方(東京・神奈川・埼玉・千葉)
言語 Java、PHP、HTML、CSS、PostgreSQL
期間 1~3か月
コース:個別研修コース、平日5日間コース、週3夜間コース
講習場所:東京
オンライン:あり

特徴1 運営実績15年以上のため安心

特徴2 3500社以上の求人

特徴3 途中で辞めた場合の違約金なし

公式サイト:ProgrammerCollege

無料のプログラミングスクールという存在

まずは、プログラミングスクールの相場を比較するために2例紹介します。

一番有名なプログラミングスクールのDMM WEBCAMP COMMITは以下のような金額です。

DMM WEBCAMP COMMIT

コース:DMM WEBCAMP COMMIT 専門技術コース
料金:910,800円(税込)
期間:4か月
内容:HTML / CSS / JS/ jQuery / Ruby / Ruby on Railsに加えてAIまたはクラウド
オンライン:オンライン又は通学(東京・大阪)

公式サイト:DMM WEBCAMP COMMIT

もう一つ、ウズウズカレッジプログラミングコースは、は後述する無料プログラミングスクールと同じJava言語を勉強するカリキュラムです。

ウズウズカレッジ プログラミングコース

料金:330,000円(税込)
期間:3か月
内容:Java
オンライン:完全オンライン

公式サイト:ウズウズカレッジ Javaプログラミングコース

と、このようにプログラミングスクールは、本来高額なものです。

しかし、

無料のプログラミングスクールなら、プログラミング学習も無料、就職支援も無料です!

基本的に、就職支援は就職できるまでサポートされます。

お金が用意できなさそうだけど、
IT系の職種で働きたい場合は、無料のプログラミングスクールは検討してみる価値があります。

なぜプログラミングスクールが無料なのか

そもそもなんで無料なんだ!あやしすぎる!

無料の理由

プログラミングスクールを修了して、紹介された就職先に就職すると、就職の紹介料がプログラミングスクールに入るからです。

この紹介料でプログラミングスクールは運営されています。

IT業界は常に技術者が不足しており、求職者にITスキルを身に付けてもらって就職してもらう事業が成立しています。

無料と言えば職業訓練校

無料といえばハロワの職業訓練校があるけど違いはなんなの?

おしごとーり
おしごとーり

職業訓練校については、元ハロワ職員の私が詳細解説します!

確かに職業訓練校は無料なのですが、下記のような問題点があります。

職業訓練校の問題点

・入札で訓練校が決まっているため安かろう悪かろうが多い
・スクール専業なので、就職に直結するカリキュラムではない
・自分の受けたい時期に訓練がない
・様々な人が受けるので、実践的なアプリ作成に到達しない場合あり
・就職支援はあるが、企業へのつてがない

入札で訓練校が決まっているため安かろう悪かろうが多い

プログラミングが勉強できる職業訓練校は、都道府県が民間のパソコン教室に委託する形式です。

通常は入札で行われるため、安い委託価格を提示したところが落札することが多いです(もちろん内容や就職率も含めて総合的に判断していますが・・)

安いですのでそれなりの内容である可能性が高いです。

スクール専業なので、就職に直結するカリキュラムではない

パソコン教室が運営していることもあり、基本的には企業とのつながりがありません。

また、パソコン教室は講義を受講してもらってその受講料のみで利益がでるような運営方法をしています。都道府県から講義を委託されていても同様です。

そのため、実際に就職できるカリキュラムになっているかは、あやしいところが多いです。

一方、プログラミングスクールは、就職してもらわないと事業として成りたたないので、企業のニーズを把握してより実践的なカリキュラムを作成しています。

自分の受けたい時期に訓練がない

職業訓練校は、毎月開校しているわけではないので希望の時期に通えないことが多いです。

また、職業訓練校はプログラミングを学ぶ訓練が元々少ないので、なおさら希望時期に通えないです。

様々な人が受けるので、実践的なアプリ作成に到達しない場合あり

職業訓練校は、様々な人が受けられるようになっています。そのため、みんなが落ちこぼれないように基礎を重点的に教えています。
実践まで到達しても、時間切れでほんの触りだけで終わることが多いです。

一方、プログラミングスクールの場合は、自分で学べる方はどんどん進んでいけるカリキュラムがあることが多いです。

就職支援はあるが、企業へのつてがない

就職支援に関してですが、職業訓練校もそれなりに就職支援があります。しかし、主に一般に公開されているハローワークの求人に応募する形になります。

一方、無料のプログラミングスクールは、就職してもらないと、企業として存続できないので必死に支援してくれますし、IT企業とのつながりがありますので就職できる可能性が高いです。

おしごとーり
おしごとーり

職業訓練校は、全部がだめなわけじゃないです。

ものづくり系や、word,Excelを学ぶ系等おすすめなものはたくさんあります。

Web上の口コミは参考にならない

Web上の口コミは参考にならない

Twitterで無料プログラミングスクールを調べたら、悪い口コミを見つけて不安なんだけど・・・。
実際どうなの?

はっきり言って無料プログラミングスクールに限らないのですが、Web上の口コミは、下記二つの点から参考になりません。

一つ目は、『良かったという意見』と『ダメだったという意見』では、『ダメだったという意見』を言う人が多いからです。

ボロクソにネットに意見を書いてストレス解消するからです。

一方、良かった(または普通)という意見を持った人はその結果に満足して、ちょっと友人とかに話し、興味関心はまた別の話題にいってしまいます。
そのため、あえてweb上で意見を発信する人は少ないと思われます。

『1個の悪い意見』を見つけたら、『100個の目に見えない良い意見(または普通という意見)』があると考えても良いくらいです。

二つ目は、

人間は本能的に自分が損をする情報に敏感ということです。そのためマイナスの口コミをついつい参考にしがちです。

これはなぜかというと、
今の日本は情報不足で死ぬようなことはめったにないと思いますが、
古代であればマイナスな情報を知らないことによって死ぬ可能性もあったからです。

(例えば、『海にいるフグっていう魚を食ったら死ぬぞ!』的なやつ)

ということで、口コミを過度に気にする時間は、非常にもったいないです。

 

じゃあ、どうすれば良いかというと、

申込前のカウンセリングについて

ほとんどのプログラミングスクールは申込前に、無料カウンセリングの機会を用意しています。

それは勉強していただくからには、納得して受講し、最大限の効率とやる気で勉強ほしいというプログラミングスクールの考えからです。

もしカウンセリングの結果、『あ、俺はプログラミングできないかも』っていう感想になったとしても、それは無駄な挑戦をせず、人生の貴重な時間を浪費しなくて済んだということです。

使い古された言葉ですが、『百聞は一見に如かず』です。

口コミよりも自分を信じましょう。
勉強するのも自分ですし、転職するのも自分です。

口コミという誰だかわからない人の発言に影響を受けるなんて、変だと思いませんか?

無料のプログラミングスクールのデメリット

無料のプログラミングスクールは、企業に確実に需要のあるJava言語などを短期間で習得し、就職してもらうのがほとんどです。

その就職の紹介料で無料のプログラミングスクールを運営しているからです。

Java等は将来性という意味では微妙ですし、だれでも2~3か月で習得できるスキルなので、使い捨ての人材になってしまう可能性があります。

つまり、モダンなフレームワークやAI・機械学習等を勉強したい人には無料のプログラミングスクール通ってはいけません

そのような方には、お金はかかりますが専門実践教育訓練対象のプログラミングスクールに通うことをおすすめします。

こちらの『【専門実践教育訓練】給付金が利用できるプログラミングスクール《転職》』の記事をご覧ください。

まとめ 最後に大事な事

無料のプログラミングスクールは、とにかくIT業界に潜り込みたい方にはおすすめです。

申し込みの前に、無料カウンセリングを受けて、他のプログラミングスクールと比較・検討してみてください。

タイトルとURLをコピーしました